[EXVS]基本的なルールを覚えよう!!

初心者指南

[EXVS]基本的なルールを覚えよう!!

EXVSシリーズを始めるにあたって、まず基本的なルールを覚える必要があります。
ルールは非常にシンプルなため、さらっと理解しましょう。

機体コスト

敵機体を撃破し、相手の戦力ゲージ(コスト)をゼロにすることで勝利となる。各チームの戦力ゲージは6000コスト分。機体は3000・2500・2000・1500コストに分かれており、高いコストの機体ほど性能がいいが、撃破されると大幅にコストを消費する。コストが残っている場合は、撃破されたら復活してくる。残りコストが少ない場合は、体力が減少した状態で機体が復活してくることになる。(コストオーバー)

コストオーバー

機体が撃破して復活してくる機体の残り体力は、式で表すと以下の通りとなる。(プレイしていればすぐに感覚を掴めるので、計算は覚える必要は全くない)

(残り体力コスト-撃破された機体のコスト) / 撃破された機体のコスト * 撃破された機体の初期体力) = 復活体力

例1
6000コスト残っている状況で3000コストの敵を倒すと、敵の残りコストは3000になり、倒した3000コストの機体が体力満タンで復活してくる。

(6000 – 3000) / 3000 * 初期体力600 = 復活体力600

例2
敵残り3000コストの時に敵2000コストを倒すと、敵の残りコストは1000になり、倒した2000コストの機体が体力が1/2で復活してくる。

(3000-2000)/2000 * 初期体力600 = 復活体力300

残りコストを考えながら、立ち回りを変えることをコスト調整と言います。

コストの違い

・3000コスト
撃破時のリスクはあるが、耐久値(体力)が高くブーストゲージの持続時間が長い高性能。
主にゲームの前線で戦い、ゲームメイカーとなる存在。派手なアクションで戦場を掛け回したいタイプにおすすめ。

・2500コスト
コスト3000に近い高性能機だが、耐久値・機動力の面で若干劣る。
3000コストと1500コストとの相性がいい。
3000コストと組んだ時は基本的に後衛、1500コストと組んだ時は前衛をつとめるなど、幅広く活躍することができる。しかし、非常にコストの調整が難しく難易度は高い。

・2000コスト
性能は平均的で撃破時のリスクは小さい。基本的には3000コストとの相性が良く、後衛をつとめることが多い。2500コストより援護能力には欠けるが、コストの調整が簡単で、初心者には扱いやすい。

・1500コスト
機動力・耐久値は低めだが撃破時のリスクが低い。
癖が強い機体が多く、扱うのが非常に難しい。自分より性能が高い3000・2500・2000コストと戦わなければならないため、玄人向け。
3000コストとの相性は悪い。

EXバースト(覚醒)

ダメージを与える or ダメージをくらう or 敵の攻撃をガードすると覚醒ゲージが溜まっていく。
覚醒ゲージが半分以上溜まったら、覚醒を発動することが可能となる。移動速度、攻撃アップ、ブーストゲージ・弾数の回復など様々な恩恵が受けられる。 さらに、EXバースト中は強力なバーストアタック(覚醒技)を繰り出せる。
覚醒ゲージが満タンの状態だと、敵から攻撃を受けている際にも発動することができ、敵の攻撃から離脱することができる。

コメント