[EXVS]基本操作を覚えよう

初心者指南

基本的なルールを覚えたら、実践で必須となるテクニックを覚える必要があります。
必須テクニックを紹介しているYoutubeの動画あったため、動画を見ながら基礎テクニックを理解してください。

ブーストダッシュ

【EXVSFB:初心者講座】 第1講 ブーストダッシュ編 ~基本~
【EXVSFB:初心者講座】第2講 ブーストダッシュ編 ~着地硬直~
【EXVSFB:初心者講座】第3講 ブーストダッシュ編 ~最速ブーストダッシュ~

機体を動かす時は、ほぼブーストダッシュを使うと思っていい。レバーを倒すと歩くこともできるが、使用頻度はかなり少ない。ブーストダッシュで機体を動かしながら、敵に攻撃を当てたり、敵の攻撃を回避することになる。
ブーストダッシュを行うとブーストゲージを消費するが、地面に着地することによって、ブーストゲージを回復することができる。ブーストゲージを多く消費するほど、ブーストゲージ回復に時間がかかってしまうので、ゲージ管理が大切になってくる。
ブーストゲージがあれば、敵の攻撃を避けることが可能だが、ブーストゲージが無くなると攻撃を避けれなくなる。
基本的に、相手のブーストゲージが無くなるタイミングを見計らって射撃を狙うことになる。

キャンセル

【EXVSFB:初心者講座】第4講 キャンセル

ほぼ全ての行動はブーストダッシュでキャンセルすることができる。また、一部の攻撃は、攻撃から攻撃にキャンセルにすることができ、連続で技を出すことが可能です。

射撃

【EXVSFB:初心者講座】第5講 射撃コンボ編 ~基本~
【EXVSFB:初心者講座】第6講 射撃コンボ編 ~応用~

メイン射撃を3連射することをズンダという。しっかりズンダで敵のダウンをとる癖をつけましょう。

格闘コンボ

格闘コンボは機体ごとに違うことが多いので、格闘コンボを覚えるのは使用機体が決まってから覚えましょう。
ここで覚えておきたいことは、格闘はステップでキャンセルして中断することができます(虹ステ)。
格闘→虹ステ→格闘 のように行うと、簡単に格闘コンボを行えるため、いろいろ試してみましょう。

ロックオン

【EXVSFB:初心者講座】第8講 ロックオンマーカー

このゲームには”誘導”という概念があり、赤ロック状況では、射撃や格闘が追尾するようになる。攻撃を当てに行く時は、基本的にこの赤ロックの状況で行う。逆を言えば、敵の赤ロックの距離に入れば追尾してくる射撃が飛んでくるので注意が必要。

慣性ジャンプ

【EXVSFB:初心者講座】第7講 慣性ジャンプ

エクバシリーズオリジナルの動きの1つである慣性ジャンプ。山なりの軌道で動くことによって、長距離の移動を行うことができる。普通にブーストダッシュする時とは違い高さをつけることができるので、敵の射撃を避けやすい。
しかし、高さをつけて空中に浮く分、着地してブーストゲージを回復するタイミングが相手に読まれやすく、着地の硬直時間に攻撃を狙われ易くなる。

まとめ

以上のテクニックをトレーニングモードで身につけ、CPU戦で試してみましょう。CPUを相手に問題なく操作できると思ったら、プレイヤーマッチやランクマッチで実戦に挑みましょう。

コメント