【EXVSMBON】ホットスクランブル対策【初心者向け】

機体対策編

ホットスクランブルは非常に強い機体ですが、順当に射撃戦をしつつ、時には格闘で大ダメージを狙う、かなり堅実な機体です。機体対策で勝つというより、射撃戦の腕でしっかり勝つことを求められます。そのため、あまり細かい機体対策は書いておりませんが、ご了承ください。

武装対策

フィンファンネル【サブ射撃】

まず、サブ射撃の特性について。弾数3発の打ち切りリロード。リロード6秒。レバーN・横・前でラインファンネルを設置し、レバー後ろ(包囲)ファンネルを射出することができます。レバー後ろの場合は、全ての弾数を使用し、残り残弾数に応じて包囲するファンネルの数が異なります。また、ホットスクランブルが変形や特殊射撃をすると、サブ射撃が回収されことも頭のかたすみに入れておきましょう。

まず、打ち切りリロードのため、リロードしている時が攻めのチャンスになります。ホットスクランブルは、このサブ射撃の性能が非常に優秀ですが、サブが無い時はの自衛力が一気に下がります。

フィンファンネル設置【サブ射撃(N・横・前)】

横ブーストひっかかりやすいです。地上付近で横ブーストするときはフィンファンネル設置に引っかかるリスクがあるということを頭に入れておきましょう。近距離になればなるほど引っ掛かりやすいです。横サブを警戒して、慣性ジャンプを多めに取り入れても良いかもしれません。また、ホットスクランブルが着地しそうな時に、よく着地保護として撃ってくることが多いことを頭に入れておきましょう。

フィンファンネル包囲【後サブ射撃】

基本的に慣性ジャンプで避けましょう。慣性ジャンプをしたくない状況の場合、ステップブーストダッシュで避けましょう。タイミングは、要練習です。ファンネルを飛ばしている間は、特殊射撃(単発ダウン)や変形をやってこないため、主にメイン射撃かブーストダッシュ格闘を狙ってきます。ファンネルを避けることで程いっぱいになってしまって、普通に着地をとられないようにしましょう。ブーストダッシュ格闘に対しては、理想は、ダウン属性を持っている格闘で迎撃することです。例えば、ホットスクランブルの前格闘で、ホットスクランブルのブースどダッシュ格闘に勝てます。ダウン属性を持っている格闘を当てると、ファンネルが回収されるので、ファンネル・格闘両方に対処することができます。そういった格闘を持っていない場合や、ピョン格などの回避しやすい武装を持っていない場合は、基本的に慣性ジャンプでファンネルを避けながら、ブースト格闘は後ステップなどで避けましょう。

なぎ払い【特殊格闘】

長時間足が止めるため、非常にリスクの高い技だが非常に当てやすく、優秀な武装。対処法はとりあえずガードしましょう。

変形ゲロビ【変形サブ】

基本的にガード安定。ホットスクランブルの変形モードは、非常に旋回性能が高いため、変形ゲロビの銃口を柔軟に動かしやすい。そのため、変形ゲロビは非常に当てやすい性能のため、しっかり盾で対処しましょう。変形と同時にファンネルを飛ばすことはできないため、ホットスクランブルに盾をめくられることは基本ありません。

立ち回り対策

サブ射撃のファンネルを打ち切るまでは、無理して攻めないようにしましょう。攻めた結果、ファンネルに引っかかるといったケースが多いです。ホットスクランブルは、基本的にメイン射撃と特殊射撃を狙いに行きます。特殊射撃に何度も当たってしまわないようにしましょう。
高水準にまとまった機体ですが、意外と荒らし耐性が低いです。ホットスクランブルを一気に荒らしに行くのも1つの手段でしょう。

コメント