ギルティギアでアケコンをhitboxにしてみた感想

GUILTY GEAR

最近格ゲー業界で話題になっている、レバーレスアケコンのhitboxを先日購入しました。
ストリートファイターでは、ウメハラさんや他の有名プレイヤーの方々も採用しており、注目度がさらに増していますね。そこで、自分がプレイしているギルティギアでも、hitboxの効果が発揮できるのか不安になりながら購入しました。使用してみた感想を書いていきたいと思います。

hitboxに慣れるのに時間がかかる

レバーの部分が4つのボタンになっています。ややこしいのが、上ボタンが下に配置されており、下ボタンが上に配置されていることですね。最初はこの上下のボタンに慣れるのが大変です。思い通り動かすために、2週間ぐらいかかりました。
バックステップを入力するのに、左ボタン or 右ボタンを2回たたく必要があるのですが、最初は指が痛くなりました。幸いなことに、ギルティギアストライブではダッシュボタンがあるので、指が痛くなる心配はありませんね。

コマンドが簡単になる

個人的にはコマンド入力が非常に簡易にできると感じました。
ソルの技の場合、下記のようにボタンを連続で押せば出すことできます。(ソルが左側にいる時)

・ガンフレイム( ↓↘→P)
下ボタン ➡ 右ボタン+P
“↘”コマンドは、下ボタンを押したまま右ボタンを押します。
下ボタンと右ボタンを連続でタ・タンと押せば、↘を押している時間が自然と生じるので、意識して”↘”コマンドを入力する必要がありません。非常に簡単です。

・ファフニール( ←↙↓↘→HS )
左ボタン ➡ 下ボタン ➡ 右ボタン +HS
3つのボタンを連続で押すだけです。非常に簡単。

・タイランレイブ( →↘↓↙←→HS )
右ボタン ➡ 下ボタン ➡ 左ボタン ➡ 右ボタン +HS
ちょっとhitboxでやっかいなのが、タイランレイブのコマンドです。
最後の”→”コマンドを意識しすぎて、ひとつ前の”←”コマンドの入力ができていないことがあります。
丁寧にコマンド入力すれば全く問題ありませんが、対戦中あせっている時、ついつい失敗してしますことがあります。

・低空ダッシュ(↗→)
上ボタン+右ボタン ➡ 右ボタン

レバー操作が苦手だった自分としては、hitboxにしてコマンドが非常に安定するようになりました。

レバーの誤入力がなくなる

自分はレバー操作が苦手で、ななめ上にレバーを傾けようとしたら、横方向にレバーが入っていることがよくありました。また、アケコンをヒザに置いて、アケコンの方向が少しななめになっていると、レバーの入力も少しずれてしまうことがありました。しかし、hitboxならこういった心配はありません。ボタンを押すだけなので、非常に正確に入力することができます。

ジャストガードがやりやすくなる

ジャストガードがやりやすく感じました。
敵が右側にいる時、左ボタン長押しでガードになります。ジャストガードする時は、左ボタンをタンタンタンと相手の攻撃に合わせて押すだけです。相手の攻撃に合わせてボタンを押すという操作になるので非常に簡単になります。

タメ攻撃が早く出せる

hitboxの最大のメリットは、タメ攻撃を出すのが、レバーアケコンより早いところです。
メイの横イルカ(←タメ →+S)を例にしたとき、レバーアケコンとhitboxの入力は以下のようになります。

・レバーアケコンの場合
1.←タメ
2.レバーN (ニュートラル)
3.→+S

・hitboxの場合
1.←タメ
2.→+S

レバーアケコンの場合、レバーを左から右に移動させるために、一度レバーNを通過させる必要があります。しかし、hitboxの場合レバーNの動作をはさむ必要がないです。そのため、hitboxのほうがタメ後に素早く技を出すことできます。
このようなメリットがあるため、ストリートファイターでタメキャラを使っているプレイヤーのほとんどがhitboxを採用しています。
メイ・アクセル・ポチョムキン・レオなどのキャラクターを使用している人は、hitboxに変更するメリットが大きいかもしれません。

タメキャラは歩きながらタメることができるのか

hitboxは、左ボタンと右ボタンを同時に押すことができます。そのため、メイなどのようなタメキャラは、前に歩きながらタメることができるのかと思いました。しかし、残念ながらできませんでした。右ボタンと左ボタンを同時押しすると、レバーN扱いになります。ちなみに、上下ボタン同時押しの場合は、上ボタンが優先され、上ボタン入力扱いになります。

hitboxはコンパクトなサイズで持ち運びしやすい

hitboxはレバーがないため、薄くなっています。また、サイズ自体も小さいため結構コンパクトです。そのため、小さめの袋に入れることができます。持ち運びすることはほぼありませんが、開封してみたら、すごいコンパクトなことにビックリしました。

まとめ

レバー操作が苦手な人は、hitboxにしたほうが安定しやすいかもしれません。hitboxにしかできない特有の動きなどはあまりないため、レバーよりhitboxの方が有利といったことはあまり無さそうです。ストリートファイターの場合は、歩きから即座にガードすることができるためメリットが大きいですが。ギルティギアは歩く行動はあまりしないため、恩恵は少ないでしょう。
hitbox操作に慣れることに時間も要するため、無理にhitboxに変える必要性は無さそうです。しかし、自分はhitoboxに変えて良かったと思っております。レバーからのストレスから開放され、安定するようになりました。自分のような、レバー操作が苦手な人はhitboxを使ってみましょう!!格ゲーがもっと楽しく感じるかもしれません。

コメント